読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記と言うか雑記と言うか戯言。

スケブに狂った同人買い専・バンバンの生き様がここにある。

綿商会館と川崎の即売会。

イベント

イベント情報



イベント名:ハートオブマインド
ジャンル:ハートキャッチプリキュア!
開催場所:綿商会館・1F
開催時間:11:00〜14:30
カタログ表紙:珠月まや(ミュンヒハウゼン症候群)



イベント名:RAG-FES22
ジャンル:ラグナロクオンライン
開催場所:綿商会館・4F
開催時間:11:00〜15:00
カタログ表紙:秋田米(OBK)



イベント名:アイドルプロジェクト6
ジャンル:アイドルマスター
開催場所:綿商会館・5〜6F
開催時間:11:00〜15:00
カタログ表紙:JUNA(SUGER RINGO)



イベント名:そこの人、ハニーなの
ジャンル:アイドルマスター星井美希オンリー
開催場所:綿商会館・6F
開催時間:11:00〜15:00
カタログ表紙:マル(Cyclo-)



イベント名:ARIA CARNIVAL8
ジャンル:ARIA
開催場所:川崎市産業振興会館・4F
開催時間:11:00〜15:00
カタログ表紙:なおのなおる(BLIZZARD GIG)


祝日の本日も即売会はありました。
我輩は綿商会館での即売会を初動に途中離脱で川崎に向かい再び綿商と言う行程で参加してきました。
綿商の方ではわかっていたのにイマイチ疑い切れなかった為、
序盤の行動で失敗があったりなんかもしましたが全体で見ればまあ大体可かなといったとこです。
そんな感じで過ごした1日でした。

イベント当日のレポ


さて、本日はちょっと頑張って9時ちょうどに会場に着くように動こうと思ってました。
準備もしっかりしてたんですが、何故か1本乗り遅れると言う状況に。
最近この凡ミスと言うか時間管理が甘くなっている感じがするので気をつけねば。


9:07 綿商会館に到着。
 外の駐車スペースに一般と思われる人達がウゾウゾしてました。
 その中に見知った綾瀬さんとleinさんが居たので合流して駄弁りんぐ。
 一般列は暫くの間作られることはなく、アンケートとか取ったりだけで基本放置状態。
 

 その後、まずはカタログを買って待機場所(3Fの和室)へ行く為の列を肩たたきで作成。
 実質位置口付近に居た人から順に叩いてってました。
 列が進んで中に入るとカタログ販売が建物入ってすぐのところで売ってたんですが。
 壁沿いに入り口寄りからラグフェス・アイマスプリキュアの順に並んで売ってまして。
 その3箇所で希望のイベントのカタログを買って階段で3Fへあがる形になってました。
 事前のアンケートでもアイマスが人数多かったのでカタログもアイマス列に集中して詰まる事態に。
 他のカタログは余裕で買えたので我輩は他のを買って、アイマスは買ってもらって3Fへ。
 

 3Fにあがると和室なので靴を脱いで畳の広間に入りまして、ラグフェスとアイマスの2つに割れる形。
 ちなみにプリキュアは1人だけだったんですが1Fで待機らしいです(その後どうなったかは知らない) 
 和室に入ってからスタッフが特にカタログチェックとかしてなかったから、
 ぶっちゃけた話で言えば買わずにさっさと3F上がれば列の人間を20人くらい抜けたかと思います。
 正直、この一連の作業は居たスタッフの人数から言ったら甚だ非効率で溜息が出ました。
 何を話し合ってたんだろう?


 ともかく、落ち着いた所でカタログ開いてチェック作業です。
 初動は合同コピー本を狙ってるので5Fは確定ですが、2手目以降は適当でいいかなとチェック放棄。
 この初動だってまともに行くかわかりませんからね。
 だって、並んでから事実上放置状態だったもんで不安も募るってもんですよ。


 時間は過ぎまして、気が付いたらラグフェスの方の列が動き出してた。
 向こうにだけアナウンスしたにしても流石に声が小さすぎるんじゃね?と思ったり。
 そっから少し放置されて、スタッフが「10:55になったら列を動かす」とか言ってたんですが、
 そこの階段にまだラグフェスの列が詰まってるぞと突っ込むべきかと思うなど。
 案の定、10:55になっても列を動かすなんて気配を見せないスタッフたち。


 程々経過して、やっとラグフェス列が上に移動(先行入場させた)してやっと移動かと思ったんですが、
 どうもラグフェス列の下に分割前の一般列がまだあったみたいで。
 そろそろ開場なら先に並んでいる一般を入場させてくれるもんだと思ってたんですが違いまして。
 開場まで5分を切ってると言うのに、わざわざその列を移動させる暴挙に出やがりました。
 なのでラグフェス参加で4Fに行く人は上に、アイマスは和室に入ってくるので列移動不可状態。
 この段階で開場時間をオーバーするのは確定ですが、その辺のスタッフアナウンス一切なし。


 で、やっと上がってくる一般が切れたところで移動開始。
 階段を上がって5Fの手前で何故か一旦停止、と言うか詰まる。
 しかも停止してるのは5Fだけで6Fへ行く人は列抜けて6F行っていいのにアナウンスしない。
 一般から聞かれてアナウンスを下にしたり、この後になってしたからスタッフが聞いてきたり。
 で、まだ列が動かないんですが既に6Fから降りてくる人が出だしてて6Fは開場済みらしい。


 ぐんにょりしてましたが列がようやく動いて会場内に。
 まずは左方向への通行規制が入ってるのでこちら側で想定してる経路を進み、
 この場合の初動であるサークルの本を買おうとしたら、
 「まだ販売しちゃいけないみたいなんですよ、10分からだって・・・」
 聞いてねぇぞ。
 しかも全体の様子を見るとローリングスタートくさい。
 それならそれで仕方ない、と移動を開始してると先で詰まってる。
 進もうよと思ってたら向こうから列を逆流して来たスタッフが、
 「最初に行きたいサークルに並べ」みたいなことを言ったみたいで一気に詰まる。
 結局、ローリングキャンセル先行入場型に落ち着く形になりそうでゴタゴタしてたら、


11:10(だと思う) 開催の宣言。
 おいこら。
 なんにも落ち着いてないぞ、いいのか?とか思うも仕方ないので買い物開始です。
 もはや大混乱という文字が超似合う会場内を頑張って掻き分けて移動しながら買い物ですよ。
 初動は合同コピーのある[BOTTAKURI CLUB]から流れに逆らわないようにぐるっと回る形で進行。
 [キスミーセシル]のコピー本を回収して、順々に買い物進めていきまして。
 この混乱のおかげかわかりませんが、諦めてた[うたかた倶楽部]の麺食も何とかゲット!
 一応、5Fの買い物はミス無しで片付けることが出来たのは幸いでした。


 続いて既に開場してた6Fへ。
 先に来た連中に狩られて[このは]のコピー本などが完売の憂き目に会いましたが、
 こっちは動きやすい人数だったのでスルスル動いてさくっと買い物完了。


 お次はエレベーターで1Fまでストンと降りましてプリキュアオンリー。
 狙いの[BlueMage]も[Skirthike]もオフセ新刊だったんで問題なく回収完了。
 全体をぐるっと見てささっと離脱です。


 最後に4Fのラグフェスへ。
 ここではかなり完売の憂き目に会いました。
 コピーだけでなくオフセ新刊の所まで狩りつくされててテンションだだ下がりの中を巡回です。
 やっぱりそんなに買い物も出来なくて一旦終了。


12:20 綿商会館離脱→川崎へ。
 その後は全体をもう一回巡回しなおしてひとしきり買い物が落ち着いた所で川崎へ向かいます。


13:15 川崎市産業振興会館に到着。
 エレベーターで4Fへ向かい、早速入場して全巡回ですがやっぱ既に落ち着いた雰囲気。
 買い物は無事買い逃しもなかったので上々の戦果でしたし、
 サークルさんへの差し入れも目的だったので無事達成できて良かった良かった。
 時間との戦いなので、長居は出来ないと買い物終了したら足早に開場を後にしました。


14:35 綿商会館再び。
 何で戻ってきたかって言うとスケブ預けてたから。
 結構数受けてた人に預けたので、行った時にまだ出来てなくてひとまず全体巡回をもう一回。
 おかげで遅刻で来てたサークルさんをきっちり拾うことが出来ました。


 さて、スケブを受け取ってからは先に即売会が終了してるプリキュアの方のアフターを軽く見て、
 その後はラグフェスのアフター→アイマスのアフターとはしごで見てきました。
 イベントが終了するちょっと前くらいに重い紙袋を持ってちょい先に撤収といたしました。
 

イベントの感想


総評:
 綿商のイベントはROとアイマスと言う固定ファン層が厚いジャンルなのでどっちも賑わってました。
 プリキュアはその辺が少ないのでちょっと少ない印象を受けましたが展示スペースなどがあったのと、
 上記2イベントからはしごで来る参加者が見込めたのでそこそこ盛況だったんでないでしょうか。
 アフターイベントは全部見てきましたが、どのイベントも盛り上がってました。


戦果:
 5F初動にしたからこそ、このフロアは買えてるのであって他を初動にすればそこが買えてここが買えない。
 恐らくはそんな結果だったろうと思います。
 だから結果から見た行動としてはアイマスを優先させた結果、ラグフェスで泣きを見た形です。
 つまるところもう1人欲しかった。


列形成〜開場までのくだり:
 えーっと9/23のラグフェスがもっと酷かったのを聞いてたのでまだマシであるという今回の状況。
 あれだけ携帯や無線で会話してて、なんでまとまった行動になってないんだろうねと言う結論。
 そして一般参加者へ情報を伝達しなさすぎ。
 今回のイベントは人気ジャンルではあり事に加えて、ある程度経験を積んだものが多く居ます。
 一般がある程度空いてる空白部分や欠落してる部分を自力で補えているからなんとかなってるだけで、
 統制の取れてないスタッフの行動や伝わってこない状況は普通不安を煽ります。
 身内だけで話を終わらせないでなんかしゃべってくれ。
 と言うか、身内でも話終わってないだろこの結果見ると。