読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記と言うか雑記と言うか戯言。

スケブに狂った同人買い専・バンバンの生き様がここにある。

「さきすぺ7」に遠征してきたよ。

イベント

こんばんは、同人誌即売会中毒患者のバンバンです。
この日ももちのろん!即売会です。
本日は東京の即売会ではなく長野県は飯田市へ遠征でございました。

咲-saki-オンリー即売会の「さきすぺ7」に参加してまいりました。
毎度聖地開催の多いこの即売会。
今回は飯田での開催と相成りました。
そんなわけでレポートでございますです。

当日の行動レポ。

今回は流石に当日会場に向かったのでは間に合わないので前日入りでした。
知人の車に便乗させてもらってえっちらおっちらと夜に飯田市入りしまして。
駅近くのホテルに宿泊して万全の体制で挑みます。


当日朝。
ひとっぷろ浴びて、朝ご飯をゆっくり食べて、プリキュアまで朝タイムを楽しんだ後に出発です。
まずは会場ではなく飯田駅へ向かいます。

即売会に必要のない旅行の荷物を駅のコインロッカーに入れるためです。
さて、改めて会場に向かいます。
会場へは徒歩でいける距離だったんですが・・・
へい、タクシー!(またかよ
と言うわけで楽して会場へ向かいました。


会場の飯田文化会館へ着いたのは9:15ごろ。

女子中学生の集団が居てたりしましたが、さきすぺ参加者と思しき人は見受けられず。
早く来すぎたかな?と思いながらもベンチで座って待ちます。
するとポツポツと一般参加者と思しき人やサークル参加と思しき人が来はじめました。
しばらくボーっとしてたのですが、いつまで経っても建物の入り口のドアが開かなくて。
でもスタッフが既に中に居るらしく、おかしいな?と思いながら待ってたのですよ。


10:45くらいでしょうか?
我輩同様に建物入り口付近で待ってた人たちが動き出します。
この移動でようやく気付いたのですが、本当の入り口は上の写真の方ではなく、

左の階段を降りた方。

こっちが正解でした。
我輩はタクシーでこの入り口を通り過ぎてた所で降りたので全く気付いていませんでした。
そんなわけで建物内に入場です。


入った所でちょうど列形成が始まる所でしたので並びます。
最初、3列で並べようとしてて、いいのか?と思ったらすぐ2列に直してましたね。

その後カタログを入り口内で購入してサークルチェックです。
この段階で20人も居ませんでしたかね。のんびりです。
その後は電車やバスのタイミングで来たと思われる参加者がポツポツ来てましたね。


さて、開場まで5分を切った頃合でしょうか?
一般列から「薄荷屋」を初動にする人「以外」を抜きます。
まあ正しい判断ですかね。
実際に抜けた人は10人もいませんでした。
この辺やってたら開場時間をちょっとオーバーしてしまいましたね。


そんなわけで12時をちょっとすぎた時間に開場です。
まずは薄荷屋以外の人を入れてから、薄荷屋の人の一般列を入れていきます。
会場のど真ん中にどんと出来る薄荷屋列。
我輩ももちろん並んで新刊と七味を無事購入です。
後は知り合いの分の本を確保したら、他のサークルを買いに回ります。
サークルはそんなに多くはないので割とあっさり回れましたね。
スケブは流石に参加サークルそのものが少ないので奮わずでした。


しばらくして麻雀卓の用意が出来て、麻雀が始まってたので見物してたら、
昼ご飯のお誘いを受けたのでじゃあ行きましょうかと会場を出ようとしたらなんか人だかりが。
ちょうど時限だった「Two-D Brief」が準備が終わりそうな感じで。
じゃあとそのタイミングで出来た列に並ぶことに。
無事に買った後で改めてお昼ご飯にでることにしました。

会場出てすぐの所にあるお店でまぐろ丼をいただきました。高いだけ合って美味かった。
戻ってきてからはスケブの引き取りをしたりしたら麻雀見物して時間を潰します。


14:30になりまして即売会は終了となりまして。
麻雀が続く中でアフターイベントの準備が始まります。
アフターイベントはおなじみジャンケン大会。
ただし、基本全員参加なので景品の数分スクワットする羽目になり地味にきつかったです。
我輩はなんも取れませんでした。残念。
15:30くらいにアフターも終了して、麻雀も終わった所で我輩たちも撤収しました。

戦果報告:20冊。

まあ新刊はサークル数相応で、既刊をいくつか買ったのでこの数です。
薄荷屋に並んでたせいで2サークルほどコピー本を逃していたりします、ぎゃふん。
スケブもあんまり頼めませんでしたね。