読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記と言うか雑記と言うか戯言。

スケブに狂った同人買い専・バンバンの生き様がここにある。

「やってやるです!」と「びいめん!」@板橋

イベント

イベント情報


イベント名(ジャンル):やってやるです!(けいおん!中野梓オンリー)
イベント名(ジャンル):びいめん!(けいおん!・サブ&モブキャラ中心)
開催場所:ハイライフプラザいたばし
開催時間:11:00〜15:00
カタログ表紙:魚(あじのひらき)






花粉が厳しくなり始めてきましたね(時候を織り交ぜた挨拶)。
今日は天気も良かったので結構鼻に来た人は多いんじゃないかと思います。
そんな中本日出かけたのは板橋のけいおん!オンリーでございます。
入れ替え制のおかげで結局最後まで居る形になったのでアフターまで参加してきましたよ。
そんな感じでレポートの方をば。

イベントの詳細レポ


8:55 会場付近に到着。
 えーっとですね、Webで入れ替えするかもよとか要らない煽りをしてたんですが、
 色々考えてそこまで酷いことにならんだろうと踏んで早めの到着です。
 まあ、一応不安もあったので保険で弟も連れてきましたが。
 埼京線から見たら人が並んでるように見えたけど確実に列形成してないなこれ。


 駅を降りて会場付近に行くとやっぱ正式な一般待機列でなく、
 なんとなく先に居た人の後ろに並ぶ形で列状態になってただけのものでした。
 まあ離れても仕方ないので付近で待機してるとちょっと伸びてきてたのもあって、
 その列状態をスタッフがなんか圧縮かけに来て列に近い状態にしてまして。
 このまま列形成かはたまた再構成して列形成かと思ってたんですが、


9:12 入れ替え制確定のお知らせ。
 さっき列圧縮かけに来たのと別のスタッフが入れ替え制の告知をして散らしだした。
 そんなだったら圧縮前に行って散らせばいいじゃんとか思った。
 人の集まり次第で判断したんだろうけどこの段階で居ても100人くらいで、
 普通に並べちゃえばどうにでもなると感じたんだけど判断の基準がわからん。
 仕方ないのでその場を離れてしばし時間つぶし。


9:30 カタログ販売&入れ替え抽選の開始。
 時間になったら参加者がワラワラ集まりまして。
 それをスタッフが列に直して順々にパケットで1F会議室のカタログ販売&抽選会場へ誘導します。
 並んでる間に四天王最弱の男leinさんや綾瀬さんなど知り合いもちらほら。
 我輩たちも程なくしてカタログ購入&抽選に挑んだわけですが。


 結果はお互い4回目(14:00〜)と言う悲惨な結果に。
 こういうときに引きの良い弟でも駄目と言うのが地味にショック。
 さらに言うならleinさんも綾瀬さんも4回目とかどんだけくじ運ないんだと。


 さすがにこれじゃ焼け野原に行くようなものなので再びカタログ購入列に並んで再挑戦です。
 結果は2回目入場とまあしょうがないかと言った所です。
 流石に三度挑戦するのはどうかなと思った所もありますしね。
 ここで再挑戦の結果1回目を引く綾瀬さんには四天王の座を明け渡す必要があるかも知れぬな。
 ちなみにleinさんは我輩と同じ2回目で仲良し。


 と言うことで、この段階で無用になった弟はリリース。
 どうやら浅草橋の東方オンリーに向かう模様なので自分の買い物をついでに押し付けておきます。
 我輩とleinさんは2回目の集合時間までお茶して時間つぶしなどを。
 大体11:25くらいに会場に戻りまして、程なく始まった列形成に並んで開場待ち。


12:00 入れ替え2回目の入場開始。
 初動は[文旦。]からコピー本の可能性のある所を中心に巡回していきます。
 2回目の入場で不安だったけどスケブも無事お願いできたし、
 買い物もペーパー配布を1ヵ所逃したくらいでこれなら4回目でリカバーできるかな?
 本に関してはオフセ新刊が多かったのが幸いしてか買い逃しなかったのは大きい。
 ・・・と思ってたら、時間過ぎてから1ヵ所回り忘れに気付く間抜けorz 


14:00 入れ替え4回目の入場開始。
 まず最初に[梅本製作委員会]のペーパーと忘れてた別サークルの新刊を無事回収。
 念のために再度全巡回をしたりスケブ回収したり。
 そんなことしてたら弟が何でか戻ってきたりして、
 気がつけばもうすぐ閉会時間だったもんでアフターまで出ようということに。


15:00 即売会終了→アフターイベント。
 準備が出来るのを待ってアフターイベントに参加。
 抽選会もジャンケンも何も得るものなく終了と相成りました。

戦果報告:37冊


入れ替え制にあった訳ですが、
2回目入場をぶん取ったこととオフセ新刊の多いサークルのおかげで買い逃しはナシです。
4回目を持っていたことも取りこぼし回収に地味に役立っていました。